結婚指輪の素材にはどんなものがある?

結婚指輪の実態

結婚指輪の素材には、プラチナ、ゴールドがありますが、最近はジルコニウムも注目されています。

結婚指輪の素材にはどんなものがある?

結婚指輪を選びたい・・・。

そんな時にはまずは素材選びからになるでしょう。

今では、結婚指輪の素材も色々なものがあるようですよ。

定番のものは嫌だ、オリジナル性が欲しい・・・という人もいるでしょうし、金属アレルギーや生活スタイルから素材選びも変わってきます。

素材を挙げていきますと、プラチナ、ゴールド、ジルコニウム、チタンなどがあります。

プラチナは、結婚指輪の素材としては定番ですね。

熱にも強く安定しています。

酸化してしまうこともないので、一生使用するものですので、なるべく経年劣化しない素材がよいでしょう。

定番で一番人気のある素材ですが、プラチナの特徴からしても結婚指輪向けの素材でしょう。

次はゴールドですね。

ゴール後には、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドなどの種類があり、プラチナと同じくらい人気のある素材ですよ。

ゴールドも錆びることはありませんので、結婚指輪向けの素材でしょう。

また、最近ではジルコニウムという素材も注目されてきています。

これは、医療にも使用されているもので、金属アレルギーの心配がありません。

素材としても丈夫で発色がバリエーションがありますので、個性的な結婚指輪を作ることができるでしょう。

最後に最近はチタンも人気が出てきています。

プラチナと同じ程度の丈夫さがある上に、変質もしにくく、軽いのでいつもつけていても気になりません。

さびないですし、金属アレルギーの人も安心ですね。

このように、最近ではプラチナ、ゴールド以外の選択をする人も増えてきているようですよ。

◆最近の結婚指輪の傾向を知りたい方はこちら⇒結婚指輪ランキング~人気ブランド2014~

おすすめアイテム

Yahoo! JAPAN